アパートローンにおいて賃貸経営が収益性があるかどうかが判断される

アパートローンの審査対象で一番大きいのは収益性があるかどうかではないでしょうか。賃貸経営を行っている建物が収益性が低いということになると審査でも厳しいものになります。しかし、収益性というのはなかなか評価することができないです。

アパートローンを借りる段階では将来の収益性を判断するというのが極めて難しいです。それではどうやって収益性を判断しようとしているのでしょうか。

■長期的に安定した収益が得られるかどうかで判断される
賃貸経営において収益を生み出すことが何よりも大切で、それを実現するための事業計画の収益性というのはとても大切な審査基準の一つです。収益性とは言っても、長期的に安定した収益が得られることが何よりも重要です。具体的には、建てようとする立地が市場環境やニーズに合っていて、安定的に入居者が確保できるかとか、家賃設定がエリアの相場から見て妥当な範囲なのか、物件価値を維持できるような管理体制があるのか、将来的な市場予測などをどう考えているのかなどが判断するポイントではないでしょうか。

■きちんとして収益計画を立てる
金融機関としては賃貸経営を行うに当たってきちんと練られた収益計画かどうかというのはとても心配なわけです。金融機関の心配を払拭できるように、絵に描いた餅にならないような収益計画を立てることが何よりも重要です。妥当性が無い収益計画であれば当然ながら評価が厳しくなってしまいます。

■収益性があるところを金融機関に示す必要がある
収益性があるかどうかというのは将来のことなのでわからないですが、金融機関に対して収益計画が到底実現不可能なものであってはいけないわけです。そうであれば、少しでも妥当性がある収益計画を作る必要があります。