賃貸経営でアパートローンを申し込む時どういうポイントを見ていけばいいのか?

皆さんの中に賃貸経営についてご存知の人はいるでしょうか。賃貸経営を行うとはいっても大抵の場合賃貸物件は相続をされない限り最初からあるものではないです。通常であれば賃貸物件を建てるために金融機関からアパートローンと呼ばれるローン商品を申し込んで、審査が通れば融資を受けることができて、それによって建物が建つわけです。

賃貸経営がしたくてもアパートローンの審査に通らないとできないということにもなりかねません。それでは、アパートローンを申し込む時にどういう点を見ていけばいいでしょうか。

■アパートローンは金融機関で取り扱っている
アパートやマンションを経営するためのローンとしてアパートローンがあります。住宅ローンと言うのは自分が済むための物件を建てるために利用するローンですので、アパートを建てるという目的では利用することができません。アパートローンは住宅ローンと同様に金融機関で取り扱っています。

公的な金融機関であれば日本政策金融公庫や住宅金融支援機構などで取り扱っていますし、民間金融機関であればどこでもあるでしょう。自分で金融機関に行くのもいいですが、契約する住宅メーカーや建築メーカーが提携している金融機関を紹介してもらうのが一番いいでしょう。

■融資金額を決めておこう
賃貸物件を購入するに当たり、どのくらいの自己資金を用意するのかということを決める必要があります。できることであれば自己資金の比率を10%ぐらいまで用意しておくといいでしょう。頭金を入れずに申し込むとなると審査が厳しくなることが予想されますので、最低でも10%ぐらいは頭金として用意しておきます。

賃貸経営でアパートローンを申し込む時どういうポイントを見ていけばいいのか?

どのくらい頭金を用意できるのかということがポイントになってきます。これは自分自身で決めることになります。

引合い:賃貸経営はアパート比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

■金利をどうするのか?
アパートローンを利用する時には固定金利にするのか、変動金利にするのか、ミックス型にするのかという選択が迫られます。ローン商品であれば常に変動する金利に対するリスクがあります。変動金利であれば常に金利が変動するので、金利が上がった時には利息の支払いが増えるという結果になります。

そういうリスクを回避するために固定金利を選ぶという人もいるでしょう。現在の状況で見ていくと金利の底だということで、将来は金利が上がるという風に予想している人が多いので、固定金利がお得である可能性が高くなるわけですが、アパートローンの場合は変動金利しか選べない可能性が高いです。

そもそもの話、固定金利を選択できなかったり、固定金利で設定される期間が短いミックス型になっていたりします。

■返済期間をどうするのか?
返済において重要になるのが返済期間の設定です。返済期間を長くしていけば1年当たりの返済額は小さいですが、利息の関係上総返済額は大きくなるでしょう。収益計画でどのくらい返済していくのかということも考慮に入れているでしょうから、収益と返済額はバランスを取りながら賃料だけで返済できるようにしましょう。

収益が出ているのであれば、繰り上げ返済や借り換えを利用して余裕あるうちに返済をしていくのもいいことではないでしょうか。

■利用するためのポイントは融資金額と金利、返済期間の3つである
賃貸経営を行うためにアパートローンを申し込む時には、どのくらいの額を融資してもらうのか(どのくらいの額を頭金とするのか)と金利をどうしていくのか、返済期間をどうするのかという3点を選択した上で、ローン商品を確認していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加